2017年03月06日

犬のワクチン抗体検査について

 急に、ワクチン抗体検査の問い合わせと依頼が増えました。 特に当院で告知をしたわけではないので、もしかすると「ワクチン抗体の院内検査ができるキット」が発売されたことがネット上で話題になっているのでしょうか???

 犬ワクチン検査.jpg
今までも抗体検査は外注検査で行ってきましたが、先日上の写真のような検査キットが発売されました。

両者の違いは、
@外注検査は抗体価が数字できちんと調べられること・検査対象のウイルスが多い。
A院内検査はコアワクチン(ジステンパー・パルボ・アデノウイルス)の3種の抗体価が伝染病予防の域に達しているかどうかを〇×で判断する。
つまり、外注は精密検査、院内は簡易検査という感じです。

念のため、この検査は子犬のワクチンを2回3回うった後に、ちゃんと抗体価が上がったかな?病気の予防ができるかな?という確認のためのものです。抗体価があがっていなければ「もう1度うちましょうね」ということになります。

しかし、問い合わせをいただく内容はほとんど 「ワクチンをできるだけうちたくない」「病気でワクチンがうてないけど心配」「ワクチンをうっていないとトリミングに出せないから」というご相談です。 成犬、それもシニア犬が多いようです。

なるほど。。。飼主さんの気持ちはわかります。 

実は、何年か前に「ワクチンは3年に1回でいい」とネット上で話題になった時、世界基準に照らし合わせてうちの病院も3年に1回にしようと思いワクチン抗体検査を始めたのですが、思いのほか抗体価の上がっていない犬が多く、とても驚きました。 10頭中3頭の子が予防できる値に足りていなかったのです。3頭中2頭は他院で1年以内にワクチン接種をしたという自主申告でしたので、もしかすると記憶違いがあったのかもしれません。が、残りの1頭は当院で2か月・3か月・1年と3回接種した犬でした。 以来、ワクチン3年説には慎重に対応することにしています。 反対も賛成もしていません。あくまでも慎重に、です。

もうひとつ、問い合わせで多いのは、「抗体価の証明書をもっていけば、ワクチンをうっていなくても、ドッグランや美容院に行けますか?」という質問。これは、各種施設によって判断が違いますので、その目的で検査を受けるのであれば目的の施設に必ず確認をしてください。当院では判断がつきません。

さてさて。検査を希望される方は予約が必要になります。 来院の際は、念のため最後にうったワクチンの証明書を持参してください。検査の結果、お渡しできるのは、抗体価の〇×を書いた証明書(無料)と、必要であれば今現在伝染病の症状がでていないという健康診断書(有料)になります。

 
よくわからない点は、遠慮なくお問い合わせください。   まな動物病院0466-77-7854

 




続きを読む
posted by まなAH at 19:40| Comment(0) | 診察室から

2017年03月02日

春の予防注射のお知らせ(狂犬病・フィラリア)

1、2017年度 狂犬病予防注射の受付を開始しました。

来院の際は、「愛犬のしおり」または「登録番号の書いてある金属プレート」を持ってきてください。当院で届け出をしたことのワンちゃんは、記録がありますので持ち物は必要ありません。

一緒にフィラリアの検査・健診を希望される場合は、受付の際に申しでてください。4月中頃から込み合いますので、お早目の受診をおすすめします。


2、フィラリア予防注射の予約を開始しました。

今年も4月から6月限定で、フィラリアの予防注射を実施します。現在、健康でワクチンアレルギーのないワンちゃんが対象となります。容量に制限がありますので、予約先着順でお受けしております。電話やメールでも予約できますので、来院日と体重を教えてください。

0720_img01 (2).jpg


犬猫のフィラリア予防は5月から開始します。ワンちゃんは初回のみ血液検査を行い現在感染がないことを確認してからお薬を処方しています。ネコちゃんは特に検査は必要ありません。が、猫のフィラリア抗体検査もできますので、感染が気になる方は申し出てください。 
Dr. mana


posted by まなAH at 16:56| Comment(0) | 病院からのお知らせ

2017年02月28日

3月休診日のお知らせ

DSCN0380 (3) - コピー.JPG 

3月20日(春分の日) 休診となります

3月9・10日 院長不在(早瀬獣医師が外来担当します)




posted by まなAH at 19:32| Comment(0) | 病院からのお知らせ

動物の視力?いえ、視覚です!

花粉の季節です。乾燥した空気と花粉。。。皆さん対策はされていますか?猿にも花粉症というニュースが流れていましたね。同じ辛さを経験すると親近感を感じるのは、生物種を超えても存在するんだなぁとしみじみ。気持ちいい、の共感、温泉に入る猿にも半端ない親近感をおぼえますいい気分(温泉)

DSCN1159.JPG
のぼせた?


さて、今回は犬の視覚について。人では、視力という言葉を使いますよね。視力というのは、『物を見る能力』です。そして、視力は決まった方法で測定することができます。動物の場合、この測定ができないので、目が悪くなった(視力が落ちた)その度合いを数値で表すことはできません。そこで、視覚という言葉を使います。はっきり言うと、見えているのかいないのか?が、問題になります。もちろん、徐々に見えなくなってくる病気もありますので、視力の低下は存在します。それでも驚くべきことに、ちょっとでも見えている、または片目だけでも見えているだけで、全く支障がないような普段の動きができるのです。これにはすごいなぁと感心するばかり。視覚の検査は、いくつかの神経学的な検査で、視覚に関わるどの部分(眼球から視神経、脳まで)が障害されているのかを、ある程度まで予測をすることができます。その中でも、見えているかいないかを診断するのに、重要視している検査の一つに迷路試験というものがあります。歩行・行動の検査で、慣れていない環境で、障害物を避けて行動できるか、です。動物の眼科専門病院でも行っているそうです。片目を隠したり(眼帯のようなものを使用)、照明を暗くして試したり、単純ですがとても結果が分かりやすい検査です。

お散歩で初めての場所に行ってみた時、動きが悪いなと感じたら目が悪いのかなと疑ってみましょう。また、目が見えないと階段を昇るよりも降りるほうが怖いようです。ただ、前述のようにその状態ではほとんど見えていない可能性が高いのです。網膜萎縮などでは初期に夜道で見えない症状がでますのでチェックのポイントになります。

byハヤセ





posted by まなAH at 17:00| Comment(0) | Dr.ミチコの「ペットの病気」

2017年02月22日

久しぶりの

シモの話が続きますが、先日、久々に遭遇した寄生虫がいます。それはマンソン裂頭条虫の虫卵。私にとっては、前回は10年以上前ですからかなり久しぶりの再会exclamation&questionでした。猫の糞便検査で顕微鏡越しでしたが、何故か、やや鼻息が荒くなってしまう獣医の性(涙)

都会ではあまり遭遇することのないマンソン裂頭条虫。理由は、彼らの生活環境とペットとの接点が滅多にないからです。糞便にいる虫卵は、水の中に入ってミジンコに食べてもらわないと成長できないのです。ですから水田地帯や湖沼のある山間部などに多いと言われます。そしてミジンコを食べたカエルやヘビ、鳥(モズ、アヒル、ニワトリなど)などの体に入り、さらに成長して、肉食の動物に食べられるのを待ちます。肉食の動物が最終目的地になり、やっと卵を産むことができるのです。
ちなみに前回も今回も感染していた猫さんは野良猫さんです。

 
1487816670904.jpg
出典 バイエルヘルスケア

寄生虫はその生活史がおもしろい生物です。より良い環境を求めて、偶然にも、または、努力して生活環境を得るのです。共生(お互いに利益あり)するもの、また、片利共生(片側だけ利益あり、もう一方には無害)するもの、そして寄生(害あり)という分類に分けられます。寄生体としては、他にも、細菌、ウィルス、菌類(カビの仲間)があります。そう考えると、寄生するものの世界は広いですね。 ハヤセ

posted by まなAH at 15:00| Comment(0) | Dr.ミチコの「ペットの病気」