2017年02月02日

猫の乳腺腫瘍

寒いですが、関東ではからっとしたお天気が続きますね。気持ちはよいのですが、乾燥注意報がバンバン出ています。感染症に注意です。うがい手洗い、そして私の勝手な持論ですが、むやみに口や鼻を(顔面をがく〜(落胆した顔))触らないこと、これらが予防には効果がある!と信じています(あくまでも気のせいかもしれませんが)。受験生、がんばれーかわいい

さて、かな~り久しぶりですが、病気の話です。今月が猫の健康診断月間ということ、そして最近病院で手術があったので、猫の乳腺腫瘍について書いていきます。

1486028442058.jpg
出典 ファームプレス
乳腺腫瘍は乳腺の領域に発生するので、わきの下〜後ろ足の付け根辺りのお腹までおっぱいのある、帯状の領域です。もちろん左右にあります。おっぱいの位置や数は猫によって個体差があります。たいていは片側4、5個。毛が生えているので探すのは結構大変です。でも、とにかく触ってみましょう。何かあるな?と思ったら毛をかき分けて確認です。
猫の乳腺腫瘍で知っておいてもらいたいことはこの2つ!

1.早期発見・早期治療
2.避妊手術で予防

まず、腫瘍は早く見つけることが重要で、2cm以下でみつけてあげることが鉄則といわれています。猫の場合、90%近くが悪性の乳腺腫瘍で、大きくなるにつれて転移(リンパ節や肺が多い)や、外科切除しても再発するリスクが高くなるのです。もちろん2cmだから大丈夫、とも言い切れません。とにかく、早期発見し早期に治療することが大切です。

もう1つは、避妊手術で予防効果があり、避妊手術をした時期とも関連があることです。報告では、6ヶ月令で91%、1歳までで86%の予防効果が期待できます。1〜2歳まででは11%とかなり低くなり、2歳以上では予防の効果はありません。発生の平均年齢は10歳を超えた頃になります。かなり先のことになりますが、仔猫を飼った時、家族でしっかり相談して時期を決めましょう。

しこりがあるかも?と思ったらまず動物病院へ。明らかに乳腺腫瘍を疑う場合は、手術にむけて全身の健康状態や転移の有無を確認し、切除術の適応かどうかを判断します。切除範囲などは個々で異なります。乳腺腫瘍ではない可能性も疑う場合(乳腺の位置にできるほかの腫瘍や、非腫瘍性の過形成など)、針を刺して病理検査をすることもあります。

時々、「よく気づきましたね!」と、こちらがびっくりするくらい小さなしこりを発見して、来院する飼い主さんがいらっしゃいます。普段からよく触ってもらっている幸せな証拠です。それが正常なおっぱいだったなんてこともありますが、笑って、「よかったね。病気じゃなかった。」と安心して帰ってもらうのも、こちらとしては大歓迎です。うれしいのです。決して、『病気好き』な訳ではありませんから。


皆さん、覚えていますか?この顔猫

IMG_2163.jpg
すっかり家猫の貫禄です。


byハヤセ






posted by まなAH at 12:00| Comment(0) | Dr.ミチコの「ペットの病気」

2017年01月31日

2月の休診日

 水曜日と日曜午後は休診です

 祝日 2月11日(土)は、午前中のみ診察を行っています。 ホテル業務は通常通り。 トリミングは完全予約制になります。

 DSC_0315.JPG

藤沢市内インフル拡大中ですね。息子の学校もついに学年閉鎖になってしましました。息子を連れて小児科に行ったところ、「今、熱が出てる子供でインフルじゃないのは10人に1人です」とこのこと。 皆様、どうぞお気をつけてお過ごしくださいもうやだ〜(悲しい顔) 

ちなみに、インフルは犬猫にはうつりません。が、インフルが流行る季節は動物達の伝染病もうつりやすい時期です。発熱・食欲がない・だるそうなどの様子があるときは早めに受診してください病院  by mana


posted by まなAH at 11:54| Comment(0) | 病院からのお知らせ

2017年01月16日

犬猫の腎機能を評価する画期的な検査とは?

先日猫の健診の告知をした際に「今年からSDMA検査が導入されました」とお伝えしたところ 「それはいったい何がわかる検査なの?今までの検査と何が違うの?」というお問い合わせが何件かありましたので、簡単にご説明します。

SDMA検査は血液検査の一つですが、今まで指標となってきた血清クレアチニンよりも早期に腎不全を発見できる腎機能バイオマーカーです。

DSC_0425.JPG
具体的には、クレアチニンが腎機能の約75%喪失するまで上昇しなのに対し、SDMAは平均40%喪失した時点で、上昇します。猫では平均17か月、犬では9.5か月早く腎不全を発見できる可能性があります。
DSC_0424.JPG

腎不全のステージ(進行状況)は通常軽い方からステージ1・2・3・4と分類されていますが、ステージ1の段階で食事やサプリメントなどで予防が可能になったということです。

今回は猫ちゃんの健診でご紹介しましたが、検査はいつでもできます。 (外注検査ですので結果をお渡しするまでに4~5日かかります)

もし、数値で異常が見つかった時は、超音波検査や尿検査と組み合わせることで、腎臓のどこがどの程度弱っているのかということもわかります。こちらは、院内検査ですのでその日のうちに検査結果がわかります。
DSC_12461.jpg  

人も動物も早期発見・早期予防が健康維持の基本ですね♪  mana
posted by まなAH at 13:10| Comment(0) | 病院からのお知らせ

2017年01月14日

2月は猫の健康増進月間です

今年も1か月間、猫の健康増進月を設けました。

猫に多い病気を対象に特別料金で検診を行います。



DSC_0128.JPG

 vivi shimoda


■無料健康・飼育相談(2/4・5・6 午後2時〜3時) 

■身体検査(聴診・触診)・歯石チェック 無料

■7歳以上の猫に多い病気

@腎不全:生化学検査+SDMA+UPC+UG  5400

新しい血液検査と尿検査により、今までの検査より平均17か月早く腎不全を発見することが可能になりました。事前に採尿容器をお渡ししますので受付に申し出て下さい。

【症状】よく水を飲む・おしっこの回数が多い・おしっこが薄い

A甲状腺機能亢進症検査:ホルモン検査4320円 

【症状】急に元気になった・食欲が増した・よく鳴くようになった

 上記の症状のため外見は病気でないように見えますが、甲状腺のホルモン 異常により、放っておくと体がエネルギーを使い果たし寿命が縮まります

B脊椎症・関節炎:レントゲン検査 3780

【症状】動きたがらない・食欲がない・体を舐める・触ると嫌がる

■猫白血病・エイズウイルス検査 4320

■猫の血液型検査 2160

■歯垢・歯石除去 540~3240円 

■お手入れセット1080円(爪切り・耳掃除・肛門腺しぼり)

■CATドック(通常の2割引)


☆現在治療中でない健診検査が対象となります。

☆健診には予約が必要です。当院の患者さんのご紹介で来院される場合は特典がありますので、受付時にお知らせください。

                         まな動物病院 TEL0466-77-7854

posted by まなAH at 18:52| Comment(0) | 病院からのお知らせ

2017年01月01日

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
_20170101_070751.JPG

飼主の皆様には 健やかに新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

昨年は、新しい検査機器の導入や手術室の安全性の向上などのハード面と院内勉強会などのソフト面の充実。とても前向きな1年となりました。飼い主様方に温かく見守られながら、無事に1年を過ごせたことを、大変ありがたく感じております。

また内輪のことではありますが、機器導入後もメンテナンスや勉強会など常にたすけてくださるメーカーさん、無理難題にもいつも前向きに向き合ってくださる卸業者さん・経営に無知な私達をしっかりフォローをしてくださる税理士の先生方・専門外のこともまで親身に相談に乗ってくださる内装業者さん・ペットロスと闘わずともに歩もうとしている患者さん・どんなに忙しくても笑顔の絶えないスタッフ達。私自身が色々な人たちに、仕事の仕方を教わった1年でもありました。恵まれた環境で仕事をさせてもらえていることに感謝の気持ちしかありません。

今年も、その気持ちを忘れずスタッフともども精進していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また今年は、院内リフォームを予定しております。ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、飼い主様やお預かりの動物達への影響を最小限にとどめられるよう努めてまいりたいと思いますので、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

「元気が1番」 体も心も健康に気を付けながら 毎日を過ごしていきましょう!!  院長 下田利恵
posted by まなAH at 08:00| Comment(2) | 病院からのお知らせ