2015年03月11日

4年目の3・11

もう4年たったのですね。

私にとっては、あっという間の4年に感じられますが、そのたった4年の間に、自分自身で防災に備えようと思っていた気持ちが少し風化してきていて、非常食が消費期限をすぎていたり、非常持ち出し袋が物の下に埋まっていたり。 被災地の為に続けようと思っていた院内活動がとぎれとぎれになっていたり。反省することしきりです。

DSC_1200.JPG

先日、動物取扱責任者講習会に出席した時、ちょうど防災に対する講演がありました。そこで聞いてきた情報も合わせて少しお話したいと思います。


1、大きな地震や津波警報がでたことを想定してシュミレーションをしておくこと。 身の回りの持ち物はもちろんですが、自分の生活の中で、@家の中にいる時ならどうするか A外出している時ならどうするか B仕事中ならどうするか C家族との連絡の取り方 Dペットを連れて行くか置いていくかなど細かくシュミレーションして決めておくこと。

被災地では、待ち合わせの避難所に大勢の人がいて、同じ避難所にいながら家族となかなか会えないような状況になったそうです。どこの避難所のどの場所で待ち合わせるのかまで細かく相談しておくこと。携帯電話は不通になるので公衆電話の場所の確認と小銭の用意もあった方が良いです。

2、ペットが一緒の場所には人間と別の場所になることが前提です。スリングのような布キャリーではなく、避難用のハードキャリーがあった方が良いと思います。キャリーに貼る張り紙「ポチ。移動しないでください。避難所3階にいます。飼主名」「花子、急に触ると咬みます。図工室にいます。飼主名」などが必要です。

3、一時的に自宅に置いていく場合は玄関に「中に犬がいます。柴犬1頭、チワワ2頭。 餌は玄関に置いてあります。名前〇〇〇〇 連絡先 避難場所・携帯電話・連絡のつく連絡先(被災地以外の実家など) 飼主名」などの張り紙が必要です。ただし、留守にしていることが一目瞭然なので泥棒に注意が必要です。

4、非常持ち出し袋の確認 人間の物はもちろんですが、ペット用の準備も忘れずに。(過去ブログも参考にしてください)

5、狂犬病の鑑札を首輪につけておくこと(犬)・マイクロチップの装着(すべての動物)により迷子が防げます。日本中どこにいても、このどちらかがあれば必ず所有者がわかります。 被災後いまだに飼主不明の動物達がたくさんいます。飼主さんが被災されたこともあるでしょうが、犬猫が『所有者不明』で帰れないケースもたくさんあります。


6、最後に、避難所では当然人間のケアが最優先になります。ペットのことを口にするのもはばかれる中で動物達の世話をしなければならない状況になるそうです。鳴き声、臭い、排泄物の処理などの他に、動物が嫌いな人、アレルギーの人達との共存生活が数日から数週間続きます。その中で、ケージに入れない犬や問題行動のある犬たちは居場所を失ってしまいます。実際にグランドの鉄棒につながれたり車中で避難暮らしをした子がたくさんいたそうです。真夏や真冬であれば、かなり過酷な環境です。日頃からのクレートトレーニング、服従トレーニングがいざという時に命を繋ぐということを教わりました。

以上、すぐに取りかかれそうな対策をいくつか挙げていました。参考にしてみてください。Dr.mana
posted by まなAH at 09:41| Comment(0) | 災害の備え

2013年09月16日

災害時におけるペットの救護対策

 先月 環境省より災害時におけるペットの救護対策に関する新しいガイドラインが発表され、 3・11以降の動物救護の実際をもとに、大規模災害においては原則としてペットとの「同行非難」が認められました。

 環境省HPより
 ガイドライン配布のお知らせ  ガイドラインの内容 

cover.jpg


 藤沢市でも、今まで避難勧告が出た際に避難所にペットを連れて行ったものの、中に入れてもらえなかったという飼い主さんがたくさんいらっしゃいました。もちろん、人と動物の避難場所は区別されるべきですが、「動物も避難する」ことを前提に、その方法が国の指針として作成されたことは、とても大きな意味があると思います。大きな第1歩です。

 各地で災害被害の多い昨今、各ご家庭で避難場所・避難グッズ・避難経路などの確認をお願いいたします。  まなAH

 

 
 

 
 
 
posted by まなAH at 08:54| 災害の備え

2013年03月09日

黄砂と花粉とPM2.5

 
chn13030708020000-n1.jpg


       5日、中国甘粛省山丹県で発生した大規模な黄砂の嵐(共同)


 少し大気が濁っていますね・・・黄砂到来でしょうか?

 飼い主さんから「犬の花粉症を起こしますか?」「くしゃみがとまりません」「PM2.5、犬は大丈夫ですか?」との問い合わせが増えてきました。

 動物に「花粉症」という診断名はありませんが、大気中を飛んでいる微粒子が体に与える影響や防御機構は人も犬猫も同じです。大気が汚れればそれに対処しようとして、涙を流して防御し、涙が増えると鼻水も増えます。鼻から吸い込んだ微粒子をブロックするために鼻水やくしゃみがでます。

 人はマスクとサングラスでいくらか防げますがお散歩中のワンちゃんは予防が難しいのが実情です。

 散歩後に体に付着した汚れをふき取る、目薬で目と鼻を洗い流すなど、できることを心がけてあげてください。また、予防として、散歩前に洋服を着せて帰宅後すぐ脱がせるのも有効ですし、アレルギー防御のローションでふき取ってあげるのも良いと思います。

 症状が出た場合は、放っておくと、アレルギーを発症することもありますので、早めにご相談ください。 

 → こんなのもあります 
犬用サングラス♪

 黄砂とPM2.5についてはこれからますます悪化することが予想されます。藤沢市内では測定されていませんが、茅ヶ崎・平塚の情報を元に、各個人で外出を控えるなどの予防が必要かと思います。

 PM2.5の環境基準値は平成21年に1日平均35μg/m3と決められていますが、すでに藤沢近隣では20〜30の数値が測定されています。国からの注意喚起は基準値の2倍(70μg/m3)を超えた時なので、かなり高濃度になった場合のみということになります。

 

 これはあくまでも私個人の意見ですが、朝一番の測定値が50を超えたら、子供やワンコは外出を控えた方が無難かと思っています。放射能の時もそうでしたが、通常でない事態が起きた時に、アバウトに基準値の底上げをする国の体質に少々不信感を感じています。子供もワンコも自衛ができません。私たち大人が守ってあげなくては・・・。 by 下田利恵




 

 
 
  
posted by まなAH at 09:09| 災害の備え

2011年06月16日

被災動物の救援活動について


 緊急災害時動物救援本部から 義援金に関するチラシが届きました。



 緊急災害時動物救援本部とは、財団法人日本動物愛護協会・公益社団法人日本動物福祉協会・公益社団法人日本愛玩動物協会・社団法人日本獣医師会の4団体からなる動物救援組織で、1995年阪神淡路大震災後に設立されました。



 今回の東日本震災では、平成23年5月10日現在で 346,496,440円の義援金が集まり、これらの義援金は被災動物の救援活動や動物飼育スペースの確保、福島原発に関わる動物救援などに利用されています。



 ホームページ上で活動報告が随時公開されていますので、ご覧ください。
緊急災害時動物救援本部のHPはこちら



 当院では 震災発生直後から 飼主様の「どこに寄付すれば動物たちの救援活動に役立ちますか?」というお問い合わせに、こちらの団体をご紹介してきました。 以前にもお知らせしたとおり、動物救援の名の下に不正に寄付金を募ったり動物たちを保護するといいながらネット上で販売したりという心無い人達もいます。「何かしたいけれど・・・」と迷われている方は病院にチラシをおいてありますのでご覧ください。


 その他に、当院の小さな活動として 長期的義援活動の一つとして「サーフステッカーの販売(1枚500円)」を継続しています。また、ノミダニ駆虫薬フロントラインを購入されるとその売り上げ金の一部が自動的に被災地や福島の動物たちの救援に役立つ仕組みもあります。


 
 最近では 「被災地や福島から、動物を引き取りたいのですが・・・」という内容のご相談も増えてきました。



 ひとりひとりができることは違いますが、小額の募金も集まれば大きな義援金になるように、小さな活動も続ければいつか動物達の救援に、そして被災された飼主さん達の手助けになると信じて、長く続けていきましょう。
    

                           img165.jpg
posted by まなAH at 12:35| 災害の備え

2011年04月25日

募金活動として。。。


  東日本大震災の被災者の方々への継続的支援を目的としたSURFER'S BANKのチャリティーステッカーを病院受付にて販売しています。1枚500円。売上げはサーファーズバンクから日本赤十字社を通じて寄付されます。SURFER'S BANKについての詳細はこちら> 

  2階の「フォトスタジオSNP」がサーファーズバンクの代理店として寄付を集めています。当院も微力ながら協力させてもらうことになりました。ペットとは無縁のデザインですが、よろしければご協力ください。 
 


  surfersbank-white_reasonably_small.jpgsurfersbank-white_reasonably_small.jpgsurfersbank-white_reasonably_small.jpg

 
posted by まなAH at 18:00| 災害の備え

2011年04月02日

被災地で活動する獣医師からのお願いとお知らせ(転記)

以下、獣医師広報版からの転記です。


被災地で活動する獣医師からのお願いとお知らせ


地震と津波で甚大な被害のあった宮城県石巻市で、獣医師会石巻地区動物救護センターを立ち上げ、被災動物の救護活動を行っていらっしゃる石巻獣医師会代表の阿部俊範先生(あべ動物病院)より、獣医師その他のボランティアの募集および、被災地で活動するあるいは活動しようとする動物レスキューボランティアの方と動物用救援物資を搬入してくださる方へのお願いの文書が届いておりますので掲載いたします。

ボランティア募集(獣医師・レスキューボランティア)
石巻獣医師会では、宮城県石巻・東松島市・女川町の3市町における被災者・動物の救護・保護を目的として動物救護センターを立ち上げ、ボランティアの方と活動をしています。そのために約200ヶ所の各避難所、また2万人は存在するといわれている情報の入りにくい自宅避難(避難所外避難)している被災動物の把握を行っていかなければならない状態です。迅速な対応をするためには、現状では明らかな人員不足です。多くの獣医師や動物ボランティアとの連携を強く求めています。
しかし、こちらの現状として半数以上はガス以外のライフラインは復旧しましたが、ガソリン・食料不足はまだまだ続いています。ご協力していただける方は必ず下記への連絡をしていただき、自分自身の宿泊施設・食事・車・ガソリンなどは各自確保いただけるようにお願い申し上げます。
人員が集まりましたら、すぐにでも各避難所や各住宅を回っていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
(連絡先)                  
 獣医師会 石巻地区動物救護センター
 担当:岩崎(東京都獣医師会岩崎動物病院)   
 090-1815-1333(病院電話不通のため)

●動物レスキューボランティア及び動物用資材搬入の皆様へ
被災動物保護活動等に関するお知らせとお願い
東日本大地震被災地にご協力の為、石巻に足をお運び頂き、誠に有難う御座います。
石巻市、女川町、東松島市における、治療が必要な動物、迷い犬猫のレスキュー、非難所における動物たちの一時預かりなど被災動物達のレスキュー活動に関連し、お知らせ申し上げます。
病院に保護された犬、猫が2〜3日後に飼い主の元に戻るケースも多く、他県に移送されてしまうことにより情報が無くなり、飼い主の元に帰れなくなってしまうケースがおこっております。このようなことを防ぐ為にも必ず下記へ連絡の後、ボランティア活動を開始していただきたく存じます。
被災者(飼い主)の方々の津波による壊滅的な被災状況を考慮し、動物達の情報の一元化がとても大切であり、重要となっております。ご協力のほどよろしくお願い致します。
◯動物用資材搬入に際しましては、被災者(飼い主)の方々の津波による壊滅的な被災状況を考慮し、ボランティア情報の一元化がとても大切であり、重要となっております。必ず下記への連絡の後、動物用物資搬入活動を開始していただきたく存じます。ご協力のほどよろしくお願い致します。
○連絡先
獣医師会 石巻地区救護センター あべ動物病院内
090-1815-1333(岩崎動物病院 岩崎)
posted by まなAH at 12:57| 災害の備え

2011年03月31日

院長おすすめの一冊「災害サバイバル」

 
   震災で多くのペットと飼い主さんが離れ離れになってしまいました。

  そこで万一の場合に備えて一読をおすすめしたい一冊です。

  地震はもちろん 原発事故に対する注意事項も書かれてありました。

 実際にあった災害後の様子などもかかれており、いままさに読んでおきたい1冊です。

 

 実は地震前には Amazonで古本400円ほどで売られていた本ですが、今や2000円以上。

 被災地以外の多くの方が、意識が高まっている証拠だと思います。

 病院の待合室においてありますので、ぜひ目を通してみてください。
 

 
 

  「いざというとき役立つ犬と猫のための災害サバイバル」

  香取章子著 学研刊 :1,400円+税
  
 
 
saigaibook_2.jpg

 
posted by まなAH at 18:13| 災害の備え

2011年03月25日

今、犬猫に水道水?ミネラル水?


  放射性物質の水道水汚染で、ペットの飲料水について心配されている方がたくさんいらっしゃるようです。

  人間の安全性・危険性については、各方面の専門の方が説明していますので、基本的なことはそちらで理解していただいたうえで、ここでは  @人とペットの放射線の影響の違い  Aペットの飲料水 についてわかる範囲で書いてみます。 


  @「哺乳類の放射線全身照射後の生存期間および影響をうける器官」については文献があるのですが、この中に犬・猫は具体的に含まれていません。ただ、ハツカネズミから人間まで、ほぼ大きな差は認められないので、犬猫だけに差があるとは考えられません。人間の基準にしたがって人間の情報で判断してもらってかまわないと思います。 水道水の汚染に関しては、離乳期・繁殖予定の犬猫に内部被曝の危険はあります。 ただし、人間よりも飲水量が少ないこと、犬猫の寿命が短いことを考えると、(犬猫の被曝量と甲状腺腫瘍の発症率に関しては文献が見当たらないので推測になってしまいますが) 内部被曝による晩発性障害が発症する可能性は人間よりかなり低いはずです。   


  A水道水の放射能の基準値に関しては、人間が飲んでよい水道水は犬猫も大丈夫です。またミネラル水を与えたからと言って必ずしも結石ができるわけではありません。 水の種類をかえることで飲水量が減少するのであればそちらのほうが大きな問題です。平時であれば、水道水の塩素やミネラルの硬質、ホルムアルデビドなど考える要素は多々ありますが、今は飼主があわてない、平常でいることこそが、犬猫の為です。放射性ヨウ素の半減期は8日なので、貯水しておく方法もあります。ちなみに煮沸すると濃度が濃くなります。


  
    いずれにしても現段階では、人にも犬猫にも健康害はない状況といわれています。 それでも何か予防したいのであれば、散歩の時服を着せ毎日洗濯する、散歩後ぬるまで流す位でしょうか。 毎日シャンプーで洗い流したり、外猫を外出禁止にする等の過剰予防は絶対にしないでください。


                        by mana


  


   
   

   



  



   
posted by まなAH at 13:15| 災害の備え

2011年03月18日

被災地の動物救護募金



 ペットのオーナー様から  「被災地の動物たちのために何かしたい」「募金先はどこが安全か」という問い合わせをいただきました。

 現在、緊急災害時動物救援本部として以下の団体が活動を始めています。

  <緊急災害時動物救援本部 構成団体>
   ・財団法人日本動物愛護協会
   ・社団法人日本動物福祉協会
   ・公益社団法人日本愛玩動物協会
   ・社団法人日本獣医師会


 

  <お問い合わせ先>
  緊急災害時動物救援本部
  (担当:吉野、谷茂岡)  
  〒107-0062
  東京都港区南青山7-8-1 南青山ファーストビル6階
  TEL:03-3409-1821
  FAX:03-3409-1868

     すでに被災地各県に救援物資の拠点を確保し、フードやペット用品輸送の手配を行っています。 義援金募金をされる方はこちらへお願いします。

     救援本部へのお振込み
     振込先金融機関 みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)

     ※みずほ銀行ではございません
      振込先口座番号 普通預金 4335112
      口座名 緊急災害時動物救援本部 


   少し落ち着けば物資を直接送ることやボランティアに行くことも可能だと思いますが、今は混乱をさけ現地の救援本部にお願いするのがベストです。 


   また、海外の報道では日本のマナーを絶賛されていますが、 そんな日本でも、この騒ぎに乗じて動物達を利用して商売をしようとする心無い人たちがいます。 義援金詐欺やペットの預かり詐欺など、阪神や中越の災害時にも多数みられました。 よくわからない団体に募金したり、動物の売買をしたりしないよう冷静な判断をお願いいたします。


   

   
     


   

posted by まなAH at 10:46| 災害の備え

2011年03月12日

地震に備えて

大きな地震でしたね。大丈夫でしたでしょうか? 

鵠沼周辺はまだ潮がひいたままの状態ですので、津波警報が解除されるまで油断できません。

人間用の持ち出し袋や水・食物はみなさん用意してあると思いますが、ペットの非常用品は大丈夫でしょうか?

いま一度、確認をお願いします。

@一緒に逃げる為の非常持ち出し品(リュックなど) A災害が落ち着いてから取りにいく品(玄関先に常備) の2つに分けて用意をしてください。



人間の非常用持ち出し品以外に必要なもの


1、首輪・迷子札(マイクロチップが入っていても必要です、犬は狂犬病の鑑札)
2、ドライフード・水(3日分)
3、キャリーバッグ
4、リード(犬は必須)
5、常備薬・診察券
6、食器(代用品でも可)
7、トイレ用品・シーツ(10枚)
8、写真(特徴のわかるもの)
9、毛布・タオル・カイロなど


玄関先に用意しておくもの(後から取りにいくもの)

1、フード・水(1週間分)
2、折りたたみケージ・大きめのキャリーなど
3、トイレ
4、グルーミング用品
5、消臭剤


災害の規模にもよりますが、避難所では人間優先になるので、ペットは屋外へ置かれることになります。一緒に逃げるのであれば、まずは3日間、屋外で乗り切る為に必要なものを用意してあげてください。 避難所では、動物が嫌いな人にいかに迷惑をかけずに過ごすかが、ペット達を守る為の条件になります。 ケージで暮らせないペットの場合はまず人が非難し、落ち着いてから助けに戻ることも考えて下さい。逆に、普段からケージに入る練習も必要ということです。



阪神の震災時には、ペットフードが届くのに1週間かかりました。県内でも厚木市などはマイクロチップの推進運動やペット用の避難場所の確保、フードの備蓄などの準備がされていますが、残念ながら藤沢市にはありません。自分たちでいざというときに備えましょう。少なくとも1週間分のフードと水をすぐに取りに帰れる場所に用意しましょう。自宅倒壊の際にも取り出せる場所となると、寝室より玄関先、車の中が安心です。


また、迷子になることを想定し、わかりやすい迷子札と写真は必ず用意しましょう。今回の地震ではツイッターやネットTVが随分活躍しましたが、ツイッターなどにペットの写真をあらかじめ登録して携帯電話から接続できる環境を用意しておけば、いざというとき不特定多数の人の助けを得ることができます。これを機にぜひ。



今回の地震で、当院でもお預かり中の飼主さんとの連絡がつかなくなったり、動物たちの様子に変化があったりと戸惑うことが多かったのですが、緊急時に対応のマニュアル化をしようと思います。また、緊急時のペット達の非難についての注意事項や持ち出し品の確認の為の勉強会も開いていこうと思っています。みなさんも、ぜひ、いまのうちに、ご家族で話し合いをしてください。

             院長 下田







posted by まなAH at 13:10| 災害の備え