2014年06月07日

外耳炎の季節になりました

 
 
DSC_4077.jpg


 毎年、梅雨入りと同時にお耳の痒いワンちゃんの外来が増えるのですが、今年は梅雨入り宣言1週間前から急増しました。 

 この時期 多いのは茶色いじとっとした耳垢が増える外耳炎。多くはマラセチアというカビの繁殖による外耳炎です。このカビが増えると、耳の中が強烈にかゆくなります。後ろ足で掻いたり、耳を振ったり、クッションにこすり付けたり・・・そんなお耳サインを見つけたら、すぐに来院してください。   Dr.ミチコのマラセチアの話はこちらから


 外耳炎の治療
 
 @ 病院で耳の中を観察します(垢の量・色・耳道の炎症・鼓膜の損傷・ポリープの有無など)
 A 次に耳垢を採取します(カビ・細菌・白血球・細胞など)
 
 B @Aの結果から、状態にあったイヤーローションや消毒剤入りの生食などで耳道を洗浄します。
 C 点耳薬をさします。
 D 必要であれば自宅での洗浄・点耳・内服薬を処方します。

 
 自宅での耳道洗浄のやり方
 @ 処方のイヤーローションをたっぷり耳の中に入れます(中耳炎にはなりません!)
 A 耳の根元を下から上へマッサージします。
 B 手を放して、プルプルと耳を振らせます。
 C 出てきた汚れをローションを含ませたコットンで拭き取ります。
   *決してごしごし擦ってはいけません!! 

 当院では、外耳炎になるまえに、日常のケアとして週に1回の耳掃除をお勧めしています。診察の待ち時間にスタッフがお掃除の仕方をレクチャーしますので、お気軽にお申し付けください♫


 
  
 (付録) 外耳炎を悪化させる要因爆弾
 @ 自宅・サロンでの掃除のしずぎ、特に綿棒を使った掃除のしすぎによる悪化
 A 状態にあっていないイヤーローションの選択
   *特に鼓膜に損傷があるときは、イヤーローションは禁忌です。
 B 外耳炎の原因放置

 ワンちゃんにとってお耳はとても大切な感覚器です。重度の慢性外耳炎になると手術が必要なことも・・・。どうぞお大事に。
  Dr.mana

 
 
posted by まなAH at 12:22| 診察室から