2014年06月03日

偽妊娠の話



暑い日が続きますね。



前回触れた、わたしの布団は、ついに3回目の被害に。



捨てる覚悟で思い切って自分で羽毛布団を洗ってみました!



羽毛は固まるんですね。くちゅっとした羽毛の塊が、布団の仕切られた各部屋(意味わかります?)()、数えたら15部屋あるのですが、そこに一つずつ存在しています。乾かしながらほぐす、、、でも干してるとまた下の方に固まる、、、ほぐほぐする、、、この繰り返し。格闘中です。



 



今回はワンコの偽妊娠の話をしてみたいと思います。



ご存知のように、ワンコは、半年に1回の発情(ヒート)を繰り返します。出血が始まって10日くらいで排卵が起こるといわれ、交配適期がその頃です。そして妊娠すると2ヶ月ちょっとで出産を迎えます。そこから授乳が始まるわけですが、妊娠をしていないのに授乳の準備をしてしまう状態を偽妊娠と呼んでいます。



出産に備えてベットを作ったり、おもちゃなどを仔犬にみたててお世話したり、いつもとは違う行動をとることが多いようです。食欲まで落ちてしまうワンコもいます。逆に、そういう行動は全くみせないけれど、おっぱいが出てしまう(泌乳)こともあります。



治療は、子育てしている行動をやめるように仕向ける、気分転換をさせることですが、なかなかすぐにおさまらないケースが多いように思います。時間の経過で自然に治ることがほとんどです。ただし、乳腺に炎症がおきたり、泌乳によって皮膚炎になってしまう場合は薬が必要になります。



また、偽妊娠を繰り返す傾向があるワンコは、人でいう女性ホルモンのバランスが乱れている可能性もあるので婦人科の疾患にも気を付けた方がいい印象があります。



 



 



 



posted by まなAH at 21:07| Dr.ミチコの「ペットの病気」