2014年01月23日

乳酸菌は犬猫にも効くの?

 インフルエンザが流行り始め、慌ててR-1ヨーグルトを買いに行ったら、その棚だけが空っぽでした(笑) みな、考えることは同じですね。

 「ヨーグルトを犬猫に与えても大丈夫ですか?」とよく聞かれます。最近は、テレビでも『ヨーグルトが病気予防になる』という特集を組んでいます。食べさせて良いものなら食べさせたいという飼い主さんが増えてきました。

 実は10数年前まで「犬猫に人用の乳製品を与えるのはいけないこと!」と言われていました。これは牛乳の乳糖を分解する能力が人よりも低い犬猫に乳製品を与えると下痢をするからです。しかし、乳糖分解能力には個体差があるので、飲んでも下痢しないならばあげても大丈夫ですし、ヨーグルトも大丈夫です。逆に、牛乳で下痢をする犬猫には、ヨーグルトもその他の乳製品も与えないでください。

 さて、本題のヨーグルトです。体の免疫機構は人も動物も同じですので、ヨーグルト中の乳酸菌(善玉菌)は整腸にはもちろん免疫力UPに役立ちます。特に機能性ヨーグルト(LG21,R-1など)がお勧めです。何を選んでよいかわからないという方には「スーパーに行って、カップに菌や株の名前が書いてあって、値段が少し高いもの」から味の好みで選んでもらっています。量はティースプーンに1/2〜1杯。大量を数日に1回食べるよりも、少量を毎日摂取する方が効果的です。

 長く続いている飼主さんの多くは、「人が食べ終わった後に一口」「フタについた物をなめさせる」など 気負いなくご自身も一緒に体調管理をされている方が多いようです。

 腸内にどの程度の善玉菌があるかは検便をして顕微鏡で見るとわかります。また数回見せてもらうことで、その変化を確認できます。お腹の調子が悪い時はもちろんですが、健康チェックの一つとして検便はおススメです。

 ところで、ある患者さん(チワワちゃん)の検便をしたところ、今まで何1000件の検便をしてきた私ですら驚くほどの善玉菌が!! どんな食生活をしているのか興味津々でお尋ねしたところ、「特別なことはしてないですよ。ただ、パパがヤクルトに勤めているので毎日ひとなめさせてます。ばれちゃいました?」と恥ずかしそうに答えてくださいました。以来、当院ではヤクルト400(シロタ株)もおススメしています。

 以前ブログにも書きましたが、10数年前と比べて犬猫の腸内細菌叢は大きく変化しました。あくまで臨床現場での個人的見解ですが、「酵母菌が増えた」「子犬の桿菌が減った」「猫の腸内細菌数が減った」と感じます。 交配の遺伝的な理由、食事の変化が大きな原因なのでしょうか。これから先も観察を続けていきたいと思います。

 最後に、前述の乳製品が苦手という犬猫には、サプリメントとして高品質な善玉菌が販売されています。似かよった商品はたくさんありますが、明らかに効果が実感できるものは数が少ないように思います。試してみたいという方は、病院へご相談ください。 Dr.mana

シロタ.png

 

 
 

  
 
posted by まなAH at 09:36| 診察室から