2013年07月02日

下痢・嘔吐のワンちゃんが増えています

 
 
DSC_1879.jpg

 
 


 当院の患者さん(わんちゃん) この1週間、下痢や嘔吐などの症状を呈して来院される件数が増えています。
 特に伝染性の強い細菌やウイルスが流行っているわけではありません。が、悪玉菌のらせん菌が増えているワンちゃんが多く受診されています。

 また、気温や湿度の上昇に体が対応できずに腸内最近のバランスが乱れたり、飲水量の増加で腸の蠕動運動が亢進するのも原因のひとつです。

 もしも下痢や嘔吐の症状を起こした時は、無理に食餌をさせず、早めに来院してください。その際、便や吐物を持参していただくと治療の参考になります。

 時々「下痢しているので2,3日食事を抜いています」という大胆な飼い主さんもいらっしゃいますが、下痢嘔吐による体内ミネラルの消失があるときに、長時間食事を抜くと、あっという間に脱水が進行します。特に、子犬子猫は、生命にかかわることがありますので、自己判断をせず、必ずご相談ください。お願いします。



 
posted by まなAH at 18:13| 診察室から