2012年07月18日

動物用ハイポトニック飲料

 熱中症対策・脱水対策は万全ですか? 今日は脱水対策用サプリのお話をしたいと思います。


 まず「脱水」ってなんでしょうか? 飼主さんに「脱水」のお話をすると必ず「この子、お水を飲まないんです」「お水は飲んでますけど?」という反応があります。確かに、体の細胞から水分が抜けてしまうこと=脱水です。 しかし、お水を飲んでいれば脱水しないか・・・というと、それは違います。脱水状態を戻すためには、水分だけではなく、電解質(イオン)が必要なのです。

 この「電解質」については説明がとても難しいのでここでは省きますが、たとえば「下痢」や「嘔吐」あるいは「熱中症」で脱水を起こした場合、体から抜けていったのは単純な水分ではなく、電解質を伴った水分です。また、どんなにお水を飲んでいても、食餌を摂れていない犬猫は脱水をしてしまいます。 お水は飲んでも短時間で尿となり排泄されてしまうからです。

 では、脱水した体を元に戻す為にはどうすればよいか。。。一番効率が良いのは点滴です。 動物の場合は、軽度の脱水ならば皮下点滴を、重度の脱水であれば静脈点滴を行います。

 しかし、点滴をするほどではない初期の脱水、あるいは脱水しつつある体を正しく戻すために飼主さんができること。 それが「ハイポトニック飲料」です。

 ポカリスエットやアクエリアスなどの「アイソトニック」飲料の吸収率をあげたもの、といえばわかりやすいでしょうか? 

 今まで当院では、人間用のポカリスエットを水で2倍に薄めて飲んでもらったり、赤ちゃん用のポカリスエットを勧めたりしていましたが、なかなか飲んでくれない子が多く、また人間用の飲料で必要なイオンを摂取する為にはかなりの量が必要な為、飼主さんがシリンジで何度も口に運ぶという作業をしなければなりませんでした。
 
  

 今回発売された『ハイドロテクト』という飲料は、鰹節風味に美味しく味付けがされていて、少量で必要なイオンが効率よく吸収できる組成になっています。 

 
 
         product.jpg   
    ヴィダインゼリーのような容器に入っているので、持ち歩きやすく、
    保冷剤と一緒にいれておけば、すぐに冷えるので便利です♪

    
  夏のお出かけに常備してみてはいかがでしょうか?
   

 *健康な犬猫の通常の飲料水としても利用できますが、少量で効率よく電解質を補充できるようにナトリウムイオンが多く含まれていますので、心臓や腎臓に持病のある犬猫の脱水補正をする場合は、必ず獣医師に相談してから飲ませてください。

 
  



 

posted by まなAH at 11:18| お勧めサプリ・グッズ