2011年01月11日

猫ワクチンが変わります


 今まで当院で扱ってきた猫ワクチン4種が製造中止になりました。このワクチンは、基本の3種+白血病ウイルスを予防するものですが、今年から6種ワクチンに変わります。

 4から6と数字が増えても予防する病気の種類は変わりません。3種のうち風邪や舌潰瘍を引き起こすカリシウイルス感染症に対する成分が1つから3つに増えたために、名前が変わったのです。

 名前が変わっても料金は4種の時と変わりません。

 外出しない猫には3種ワクチンを、外に出る猫には6種ワクチンを、ケンカをしてくる猫には6種+エイズワクチンを接種してあげてくださいね。
 
img144.jpg
 新しいワクチンに追加されたカリシウイルスの株は日本国内の猫から分離しています。つまり実際に日本に蔓延しているカリシウイルスに効果があるワクチンということになります。

 耳慣れないウイルスかもしれませんが、赤ちゃんの時お母さんからもらって風邪や口内炎を繰り返していたり、難治性の口内炎を引き起こしたり・・・検査しないから気づかないだけで、実は多くの猫がこのウイルス病に罹患していることが最近の研究でわかってきました。

 

 いつも新しくワクチンを導入するときは、その安全性や効果についてかなり慎重に検討します。その結果、生活パターンにあわせて3つの選択枝を用意してありますので、迷った時は相談してください。
posted by まなAH at 18:58| 猫のいろいろ