2017年04月27日

春、外耳炎の症例が増えてきました

5月間近になって、やっと過ごしやすい暖かさになってきました。
冬の間、ちょっとお散歩をサポり気味だったわんちゃん達も、やっと出動!

この時期、冬の間落ち着いていた外耳炎が再発する時期でもあります。
一番悪化する梅雨時期が来る前に、しっかり治していきましょう!!

耳の状態や炎症の原因によって、治療方法は異なりますが
今まで、お家でのケアが難しかったワンちゃんと飼主さんへお勧めしたい治療法があります。


点耳薬 『オスルニア』による外耳炎治療

「点耳後、1週間そのままにしてください」

92524_1.jpg

* 幅広い抗菌スペクトラムを有するフロルフェニコール
* 人体薬として長年にわたり使用されてきた抗真菌薬テルビナフィン
* 炎症と痒みを抑えるベタメタゾン酢酸エステル

 3つのの成分で、細菌性および真菌性の外耳炎を治療します。

今までの点耳薬との最大の違いは
耳道内で長期間有効性を維持することにより、1週間に1回×2(週間)の投与で治療が可能。

炎症の度合いや鼓膜の状態により、治療対象にならないこともありますので、詳しくは獣医師に相談してください。
posted by まなAH at 09:00| Comment(0) | 診察室から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: