2017年02月28日

動物の視力?いえ、視覚です!

花粉の季節です。乾燥した空気と花粉。。。皆さん対策はされていますか?猿にも花粉症というニュースが流れていましたね。同じ辛さを経験すると親近感を感じるのは、生物種を超えても存在するんだなぁとしみじみ。気持ちいい、の共感、温泉に入る猿にも半端ない親近感をおぼえますいい気分(温泉)

DSCN1159.JPG
のぼせた?


さて、今回は犬の視覚について。人では、視力という言葉を使いますよね。視力というのは、『物を見る能力』です。そして、視力は決まった方法で測定することができます。動物の場合、この測定ができないので、目が悪くなった(視力が落ちた)その度合いを数値で表すことはできません。そこで、視覚という言葉を使います。はっきり言うと、見えているのかいないのか?が、問題になります。もちろん、徐々に見えなくなってくる病気もありますので、視力の低下は存在します。それでも驚くべきことに、ちょっとでも見えている、または片目だけでも見えているだけで、全く支障がないような普段の動きができるのです。これにはすごいなぁと感心するばかり。視覚の検査は、いくつかの神経学的な検査で、視覚に関わるどの部分(眼球から視神経、脳まで)が障害されているのかを、ある程度まで予測をすることができます。その中でも、見えているかいないかを診断するのに、重要視している検査の一つに迷路試験というものがあります。歩行・行動の検査で、慣れていない環境で、障害物を避けて行動できるか、です。動物の眼科専門病院でも行っているそうです。片目を隠したり(眼帯のようなものを使用)、照明を暗くして試したり、単純ですがとても結果が分かりやすい検査です。

お散歩で初めての場所に行ってみた時、動きが悪いなと感じたら目が悪いのかなと疑ってみましょう。また、目が見えないと階段を昇るよりも降りるほうが怖いようです。ただ、前述のようにその状態ではほとんど見えていない可能性が高いのです。網膜萎縮などでは初期に夜道で見えない症状がでますのでチェックのポイントになります。

byハヤセ





posted by まなAH at 17:00| Comment(0) | Dr.ミチコの「ペットの病気」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: