2015年02月10日

中毒の話 C

突然ですが、皆さんは動物のどの部位が好きですか?匂いとか感触とか、他にもいろいろありますが、基本的に、わたしは後頭部を見ているのが好きです。はい。それだけです(笑)。


中毒の話、最終回です。

最後は動物の毒について。人と同じですのでピンッとくるものが多いかと思います。

フグ

ヘビ(マムシ・ヤマカガシ・ハブ)

ハチ

クモ(ゴケグモ・カバキコマチグモ)

ヒキガエル(ガマガエル)


ワンコで意外と多いのがハチに刺された!と、ヒキガエルをくわえてしまった!でしょうか。

ハチの場合は通常15分以内くらいに症状がでます。腫れて痛みだけのこともありますが、たくさん刺されたり、過去に同じ種類のハチに刺されたことがあると、命にかかわる全身症状(アナフィラキシー)が出たり、数日経ってから症状が出ることもあるのでしっかりと経過をみることが必要です。

ヒキガエルさんは緊急事態になると、目の後ろあたりにある耳腺から毒が出てきます。これは、皮膚に付いたときは洗えば済むことですが、粘膜や眼に接触したり、口から摂取してしまうと重篤な中毒症状がでます。くわえてしまったら、まず、水で口の中を洗ってあげましょう。この時、すすぐだけで水を飲み込ませないようにしてください。そして病院へ連絡!です。


中毒は、本当にたくさんあります。今回書きませんでしたが、微生物の毒素や、金属でも中毒症状はあります。あまり神経質になりすぎても問題ですが、目の届かない環境の時には十分注意してあげてくださいね。家の中で中毒を起こすようなことは、絶対にあってはならないことです。


byはやせ

posted by まなAH at 20:14| Dr.ミチコの「ペットの病気」