2014年10月19日

居候猫「そら」

 みなさんに可愛がられてきた 居候猫「そら」 

 平成26年10月18日 午後3時 院長宅にて穏やかな最期を迎えました。 

 昨年12月に腎不全を患ってから、調子が悪い時は点滴をしながら、調子が良い時はのんびりと過ごしてきました。 前日まで大好きな鶏肉を食べ、院内を散歩し、大好きな入り口のマットの上でひなたぼっこをしていました。もう無理かな、と思ってから半年以上、何度も何度も復活して元気な姿を見せ、私達を癒してくれました。最期の日は痙攣や呼吸困難をおこすこともなく、静かに呼吸がとまり、ゆっくりゆっくりと心臓がとまるまで、側に寄り添うことができました。スタッフ全員がお別れできる日の昼休みの時間にというのが、「そら」らしいねと皆で話しています。

 5年間、毎日毎日私達を癒してくれた「そら」に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今まで、気にかけて下さった皆様には「そら」とスタッフ一同より、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

                                  まな動物病院長 下田 利恵



sora.jpg




posted by まなAH at 18:01| Comment(4) | 動物愛護・里親猫ほか
この記事へのコメント
そらさん虹の橋を渡ったんですね
梅星の入院中の動画をみるとそらさんの声がずっと入っています

梅星もそらさんの声できっと入院中もさみしくなかったと思います

診察中や待合室でそらさんの声を聞くと梅星の事を昨日のように思い出しました
犬も猫も大好きですが、重めの猫アレルギーで、梅星の入院中そらさんに触れる事は出来ませんでしたが、私にとっても実は特別な猫さんでした

そらさん頑張ったんですね
梅星と仲良くしてね

Posted by 梅星 at 2014年10月27日 04:09
メッセージありがとうございます。

梅ちゃんもお家で点滴がんばりましたね。いろんなことが昨日のことのように思い出されます。

寂しくなります。でも、出会えてよかった気持ちの方が強いかな。虹の橋の向こうで、皆が幸せに走り回っている姿を想像しながら、頑張ろうと思います。 
Posted by 下田 at 2014年10月30日 13:26
そらちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そらちゃんの突然の訃報に鳥肌が立ち涙が止まりませんでした。

先生のブログが大好きで、陰ながらそらちゃんの応援をしていました。

実は我が家には5歳で片腎が機能しておらず、もう片方が水腎症になり
病と闘っているニャンコがおります。

これまでそらちゃんの元気な姿に何度も励まされてきました。
たくさん勇気をもらいました。

言葉ではうまく伝えられないほど、
とても悲しく辛いですが、本当によく頑張ってくれましたね。
そらちゃん、ありがとう!
あなたのことは生涯忘れません。

先生のブログこれからも応援しております。

Posted by マリ at 2014年11月06日 21:16
マリさん ありがとうございます。
そらは、私たちのこともいつも励ましていてくれました。何度も何度も復活した生命力の強さに、いろんなことを教わりました。ありがたい出会いだったと思っています。

マリさんのニャンコも、がんばっているんですね。辛いこともあると思いますが、本人が頑張っている間は元気に笑って側にいてあげてくださいね。
Posted by 下田 at 2014年11月07日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: