2014年07月11日

ノミダニ予防の飲み薬! 犬アトピーの新治療薬

ゼノアックから「アレルミューン」という犬アトピー皮膚炎の減感作療法薬が発売されました。

DSC_4124.jpg

「アレルミューンレジスタードマーク HDM」は、ゼノアックが開発した、世界初の"次世代"減感作療法薬です。従来の高頻度および長期間にわたる投与が必要とされる減感作療法と比較して、投与頻度と投与回数を減らすことができるのが大きな特長です。

チリダニのグループ2アレルゲンに対するIgE抗体検査が陽性と確認された犬に対し、1週間に1回の間隔で、含量の少ないものから順に

5回〜6回投与することによりアトピー性皮膚炎の症状を改善させます。 日本国内においては"犬アトピー性皮膚炎"に対する減感作療法薬の承認自体が今回初めてとなる、画期的な治療法です。


治療の対応になるかどうかは、皮膚の診察(アレルギー・アトピーあるいは2次感染)と、治療の対象になる抗体をもっているかどうかの検査結果によって決めていきます。


検査を希望される方・詳しくお聞きになりたい方は、受付までお申し出ください。




posted by まなAH at 12:16| 診察室から